2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お酒関連

  • BAR フストカーレン
    (お店のHPはありません) JR新小岩駅近くにあるBar。場所はお店の意向により非公開。不思議な縁で巡り合った私の隠れ家。
  • スコッチ文化研究所
    主宰は「世界のウイスキー・ライター5人」の一人として有名な土屋守先生。
  • モルトの灯
    「モートラック」が大好きな(愛している?)Danny-SWさんのブログ。
  • BARで描く絵日記
    美味しいお酒を飲みながら、素敵な絵を描くパブデ・ピカソさんのブログ。
  • J's Bar
    池袋西口 地下だけど吹き抜けの中庭があってオープンな感じがする素敵なお店。オーナーさんのblog「モルト侍」も必見です。
  • BAR MOO
    JR大塚駅北口 折戸通りにあるお店。 ガラス越しにいつも楽しい様子が伺えます。 オーナーさん手作りの燻製もお勧め!
  • Bar10
    新宿・靖国通り沿いにある、JAZZと嶋村マスターのおしゃべりが楽しいお店。 あべちゃん特製メニューも要チェック!

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    池袋のいけふくろう内検索
フォト

« 風邪に鍼 | トップページ | 御会式@雑司が谷鬼子母神(10/18)その1 »

2006.10.19

BAR フストカーレン@新小岩

ここ数日画像無しでおさぼり記事モード。

今日は反省して、ちょっと前に行った「フストカーレン」レポートをアップします。

実はこの日、以前から探していた、とあるブツを入手。それを持って新小岩へ。


探していたのは…

丹那の生クリーム

乳脂肪分47%の生クリームを持ってきたら、カカオリキュールとミントリキュール(もちろんオールドボトル)で最高のグラスホッパーを作ってあげる」

と以前目黒さんに言われたことがあり、あちこち調べて、それが「丹那の生クリーム」ということを突き止めたというわけ。

お店で物を出して確認してもらい、やはり間違いないとのこと。

メインはちょっと後回しにして、とりあえず最初はモルトから。マッカラン12年のオールドボトル。

Cimg0103

おつまみは、ハモンイベリコとハーブの入ったケーゼ。

Cimg0104

一杯飲んで、落ち着いてから、いよいよメインのグラスホッパー。ちなみに使ったものは以下の通り。

Cimg0106

左から
・丹那の生クリーム
・CREMA CACAO(1940年代のカカオリキュール)
・GET(ジェット 1950年代~60年代位のミントリキュール)

そして、出来上がったのはこちら。

Grasshopper_1

美味しくて涙がでそう…。

このオールドボトルのリキュールを受け止めるには、やっぱり乳脂肪分47%じゃないと無理なんだそうです。45%ぐらいの製品は他にもあるそうなのですが、この2%の違いが大違い、と目黒さん。

ぐずぐずしてると分離しちゃうので、慌てて撮影して、そっこ~飲み干してしまいました。

先客のKさんも私の後にグラスホッパーをオーダー。何と生まれて初めてグラスホッパーを飲むんだそうです。これ最初に飲んだら他じゃ飲めないです、絶対。

飲み干した後に出てきたのは、ペコロスとプチトマトのピクルス。初めて食べたんですが、美味しかった(特にトマト)。

Cimg0109

贅沢なグラスホッパーの後は何を飲んだらいいのでしょう?とご相談すると、
「これ飲んじゃうと、後っていうのは難しいから…リセットするしかないかな…いや、今日はアレキサンダーも作れる!」

ということで、次はまた生クリームを使ってアレキサンダーを作っていただくことに。
材料は以下の通り。

Cimg0111

左から
・Aiguebelle(エギュベル) CREME DE CACAO(90年流通)
・HENNESSY EXTRA(77年 酒税証紙つき)

ちなみに、HENNESSYは「生クリームを持ってきてくれたから」ということで、特別に使ってくださいました。(ここだけの話、完全に赤字だって 笑)

できあがったのはこちら。

Cimg0110


もう溜め息しか出ません…。探してきて良かったよ…。

分離しないうちに急いで飲んで、後は余韻に浸りながら目黒さん&Kさんとお喋り。

そうそう、この日の水菓子は「レッドキウィ」。「ちょっとだけ赤いから」と目黒さんが言った通り、ちょっとだけでした(笑)。

Redkiwi


最後にゲビュルツトラミネールの果実入りマールを少しお味見させていただいて、この日は終了。

Cimg0113


ほんとに貴重な体験でした。ちょっと贅沢すぎて

「飲んだ分だけ神様に謝らなきゃね」

なんて。私は2杯分ごめんなさいします(笑)。


※10月14日(土)、フストカーレンに長野からお越しになったお客様が「いけふくろうを見て」とおっしゃっていたとのこと。ご愛読どうもありがとうございます。お店でお目にかかれなくて残念でしたが、今後ともよろしくお願いいたします。

« 風邪に鍼 | トップページ | 御会式@雑司が谷鬼子母神(10/18)その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2499/12302129

この記事へのトラックバック一覧です: BAR フストカーレン@新小岩:

« 風邪に鍼 | トップページ | 御会式@雑司が谷鬼子母神(10/18)その1 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やわらか戦車


タグふれんず