2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お酒関連

  • BAR フストカーレン
    (お店のHPはありません) JR新小岩駅近くにあるBar。場所はお店の意向により非公開。不思議な縁で巡り合った私の隠れ家。
  • スコッチ文化研究所
    主宰は「世界のウイスキー・ライター5人」の一人として有名な土屋守先生。
  • モルトの灯
    「モートラック」が大好きな(愛している?)Danny-SWさんのブログ。
  • BARで描く絵日記
    美味しいお酒を飲みながら、素敵な絵を描くパブデ・ピカソさんのブログ。
  • J's Bar
    池袋西口 地下だけど吹き抜けの中庭があってオープンな感じがする素敵なお店。オーナーさんのblog「モルト侍」も必見です。
  • BAR MOO
    JR大塚駅北口 折戸通りにあるお店。 ガラス越しにいつも楽しい様子が伺えます。 オーナーさん手作りの燻製もお勧め!
  • Bar10
    新宿・靖国通り沿いにある、JAZZと嶋村マスターのおしゃべりが楽しいお店。 あべちゃん特製メニューも要チェック!

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    池袋のいけふくろう内検索
フォト

« 新宿2丁目オフ(5/3) | トップページ | 新小岩の朝は早い(5/3-4)BARフストカーレン »

2006.05.06

新小岩の夜は更けて(5/3-4)BARフストカーレン

新宿2丁目オフの後、池袋のアタシは、なぜか千葉方面に帰る人達と一緒の電車に乗り込む。

新小岩駅でN師匠と一緒に降り、その後お友達との待ち合わせがあるN師匠と改札口でバイバイして、アタシは一人いつもの「BAR フストカーレン」にやってきた。

Pa0_0021_3

「いらっしゃいませ」
といつもの爽やかな目黒さんの笑顔がお出迎え……が、やはりアタシの髪型を見て
「今日は何かあったんですか?」
そりゃ、びっくりするわよねw

「例の2丁目オフだったんですよ~。」(前回来た時にその話題が出ていたので)
なんて、話しながら、さて今日は何から始めよう?

ちょっと喉が渇いてます、と伝えると、出てきたのは「白ビール」
(ラベルがうまく撮影できなかったけど 多分 Blanche des Honnelle

Pa0_0022_2


後味に少し甘酸っぱいような果汁?みたいなのを感じます。一気に飲めちゃう。

今日のおつまみは「砂肝のスモーク」

Pa0_0023_3

コリコリした触感とスモーキーさが「もっとお酒飲むぞ~」という気にさせてくれます(爆)。

本日最初のモルトは
「Douglas Of Drumlanrig」の「TEANINICH 1969」36年寝かせたもの。
「だいぶ少なくなってきちゃったから今のうちに…」と出していただきました。

Pa0_0024_3

モルトを飲み始めて、まだ2ヶ月弱だけど、これはアタシの人生をひっくり返してくれた原点のお酒。初めてここに来た日、アタシは訳もわからずオンザロックを頼んでたんだけど、ヨーロッパはストレートで飲む文化なんだということを教わって、2回目に「ストレートで飲みたいので」と選んでもらったモルトのうちの一つ。

「ゆっくり時間をかけて、香りや味わいが変わっていくのを感じてください。飲み終わった後のグラスの残り香を楽しむのもお忘れなく。」

確かそんなことを言われたんだっけ。味に関しては鈍いアタシでも、時間が経つほどに新しい顔を見せてくるモルトに驚きながら幸せな気分を味わったのを覚えてる。

ちなみに、このTEANINICHは自分でも1本購入したけれど勿体なくて開けられない。しかも、購入したT屋さんでもあと数本で終了のようで、もう一本買おうか迷ってることを話すと

「ぜひ買った方がいいですよ。1年以上たったとき、きゃろさんにとって○倍の価値があるお酒になってますよ。」

との言葉に、やっぱり2本目購入を決意しました(笑)。

最初と同じく、どんどん味や香りが変わっていくTEANINICHを、うっとりと飲み干して、心は次のお酒に。またお任せでお願いすると、
「モルトも一通り飲んだから…」
と出てきたのは「BAS ARMAGNAC」

Pa0_0025_1

コニャックは昔飲んだことはあるけど、アルマニャックは初体験。
作る場所が違うのね。なるほど。おこちゃまだった頃は強いだけのイメージがあったけど、こうやって飲むと味わいが深いのがわかる(と思う)。

ちなみに、こんな素敵なグラスに入って出てきました。

Pa0_0026_1

(続く)

« 新宿2丁目オフ(5/3) | トップページ | 新小岩の朝は早い(5/3-4)BARフストカーレン »

コメント

こんにちは~☆キャ!一人でなじみのバーにスーっと入る!きゃろさん素敵♪ストレートで飲む方がきっと本来のお酒の風合いも楽しめるのですね。(私もロックばかりでしたが・今度ストレートで飲もうかな)お酒の話しが好きなのでつい読み入っちゃいます。

>ミウさん
今年は「おひとりさま強化年間」にしようと頑張っておりまする(笑)。

このバーは本当に偶然見つけて(場所は師匠に見つけてもらったんだけど)、行ってみたらとっても居心地の良いお店だったので、すっかり根っこが生えてしまいました。
(この後、記事を書きますがゆうべも長居してしまった 汗)

シングルモルトはやっぱりストレートが良いですよ。あとは氷なしでモルト1水1ぐらいで割るという方法もアリだそうです。

それこそ、シングルを30分ぐらいかけてゆっくり飲むと、味や香りが変わってくるのがわかると思いますよん。ぜひぜひお試しあれ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2499/9923402

この記事へのトラックバック一覧です: 新小岩の夜は更けて(5/3-4)BARフストカーレン:

« 新宿2丁目オフ(5/3) | トップページ | 新小岩の朝は早い(5/3-4)BARフストカーレン »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やわらか戦車


タグふれんず