2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お酒関連

  • BAR フストカーレン
    (お店のHPはありません) JR新小岩駅近くにあるBar。場所はお店の意向により非公開。不思議な縁で巡り合った私の隠れ家。
  • スコッチ文化研究所
    主宰は「世界のウイスキー・ライター5人」の一人として有名な土屋守先生。
  • モルトの灯
    「モートラック」が大好きな(愛している?)Danny-SWさんのブログ。
  • BARで描く絵日記
    美味しいお酒を飲みながら、素敵な絵を描くパブデ・ピカソさんのブログ。
  • J's Bar
    池袋西口 地下だけど吹き抜けの中庭があってオープンな感じがする素敵なお店。オーナーさんのblog「モルト侍」も必見です。
  • BAR MOO
    JR大塚駅北口 折戸通りにあるお店。 ガラス越しにいつも楽しい様子が伺えます。 オーナーさん手作りの燻製もお勧め!
  • Bar10
    新宿・靖国通り沿いにある、JAZZと嶋村マスターのおしゃべりが楽しいお店。 あべちゃん特製メニューも要チェック!

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    池袋のいけふくろう内検索
フォト

« 時代屋@神田小川町(その2) | トップページ | 今日のランチ(3/14) »

2006.03.12

お散歩レポート(3/12)

今日は丸ノ内線に乗って後楽園まで行き、そこからお散歩スタート。

東京ドーム、後楽園ゆうえんちの前を過ぎ、一路神保町へ。

日曜日はお休みの店がほとんどなのかな?と思ったら、お目当ての本屋さんは2軒とも営業してました。

今日購入したのは以下の4冊。

『世界一旨い日本酒』古川 修著(光文社文庫)
 先日から、やたら酒の本を買いあさってます。今日も目に留まったのでとりあえずGET。

『性関係の歴史』アンドレ・モラリ=ダニノス著 篠沢秀夫訳(白水社)
 なんとなく手にとってみたら面白そうだったので・・・(笑)

『バーのある人生』枝川公一著(中公新書)
 これもお酒つながり。素敵だなと思っている、とあるバーが載っているようでしたので・・・

『自宅入院ダイエット』大野 誠著(集英社新書)
 これ、他の書店でみかけたときからやたら気になってたんですよね(笑)。どうも宅配食品を利用して痩せる本のようです。

ついでに、つい先日購入した本(まだ読み終わってないよ 笑)も一緒に紹介しちゃいましょう。

『食の器の事典』荻野文彦著(柴田書店)
 その名の通り、食器の事典なのですが、食器そのものの説明の他に、主なメーカーの設立沿革や、焼き物の窯元の話なども載っていて、食器好きじゃなくても勉強になる一冊。

『江戸を歩く』田中優子著(集英社新書ヴィジュアル版)
 江戸学者の著者と写真家石山貴美子さんで、江戸の名残りを追った一冊。中でも湯島から神田、そして柳原土手の柳森神社辺りは最近歩いたばかりなので、改めて読み返すと感慨深いものがあります。小塚原から始まり、鈴が森で終わる構成もなかなか考えさせられます。

『イタリアワイン最強ガイド』川頭義之著(文藝春秋)
「闘うワイン商、フランスワインに喧嘩売ります!」という帯と真っ赤な表紙が目立って、つい買ってしまいました。基本的にニューワールドワインばかり飲んでいるので、ヨーロッパワインもこれで少し勉強しないと。余談ですが、この著者の父親は映画監督の故川頭義郎、叔父は俳優の川津祐介だそうです。(ということは昔の知り合いの甥っ子さんでもあるんだわW)

『昭和レトロ商店街』町田 忍著(早川書房)
昔から変わらずにある商品の意外なエピソードを紹介した本。コレクターって凄いわと思った一冊。巻末の著者と泉麻人の対談は必見。

『いまどきの常識』香山リカ(岩波新書)
まだちゃんと読んでないのですが、要するに今の常識となっているものが実現したらどんな社会になっちゃうの?もう一度確認してみようよ、って本なのではないかと。

『寄席芸人伝』古谷三敏著(双葉社 4コインズアクションオリジナル)
このシリーズはもう3冊目でしょうか?落語を知らなくても、わかりやすい、芸人さんの世界を垣間見るような気分になった一冊です。

『BAR レモン・ハート』古谷三敏著(双葉社 5コインズアクションオリジナル)
ご存知、お酒の漫画です。コレ見たら「ホットバタードラム」で温まりたくなりました。

『知識ゼロからのシングルモルト&ウイスキー入門』古谷三敏著(幻冬社)
え~、素敵なバーの話を聞いたので、オーダーの時恥ずかしくないように買ってみました。レモン・ハートの登場人物のイラストもあって楽しく読めそう。

『知識ゼロからの日本酒入門』尾瀬あきら著(幻冬社)


これも上と同じシリーズ。少しでもお勉強したくて買ってみました。


本を購入した後は、小川町方面へ歩き、時代屋さんへ。
(ここのレポートは別途書いてるので省略)

お茶タイム終了後は淡路町、須田町方面へ。本当は、よく友達と行った淡路町の「やなか珈琲店」でミルクコーヒーを飲みたかったんだけど、お客さんが一杯だったので断念。

交通博物館前を通り、秋葉原へ向かいます。

歩行者天国では、あちこちで撮影会。そういえば明るい時間にこの辺りをゆっくり歩いたのは初めてかも。

途中でUターンして、さてどこへ行こうかなと考えてると、あるお店の前に「神田明神 氏子」の幟が。

先週も行ったばかりだけど、また行くかと、神田明神まで歩き、お参りを済ます。残念ながら甘酒屋さんは閉まってました。

お茶の水駅から、丸ノ内線で池袋まで。今度は東武でちょっとお買い物をして、ついでに地下のお酒売り場へ。

シングルモルトウイスキーを探すけど、本をまだちゃんと読んでなかったので、どれがどんな味なのかわからず。まぁ、お値段も結構するので、とりあえず「やまや」まで歩いて、ラフロイグの10年を購入。
ここもウイスキー系は売り場が小さい気がする。師匠が言ってた八重洲地下街の店の方があるのかも。

荷物もかなり重くなったので、そこからようやく自宅まで歩く。

今日も結構歩いたけど、お天気も良かったし、本もいろいろ買えたので、超満足。

これからはもっとお散歩に向いてる季節になるから楽しみですね。

« 時代屋@神田小川町(その2) | トップページ | 今日のランチ(3/14) »

コメント

メッチャ歩いてますね~w
でも楽しそうだなぁ^^
東京は歩いていても次から次へと刺激があって楽しいですよね。。。。
その点仙台は。。。あっというまに歩き終わっちゃいますw
春になったら散歩とかサイクリングいいなぁw

>たかちゃん
仙台はすぐバスや原チャ、車で動いちゃうよね~。
でも、たまに歩くと楽しかったような気がする。桜ヶ丘から駅前まで歩いたり、八木山のあたりを歩いたりとかしたよ。

あと、定禅寺通り、広瀬通り、青葉通りをジグザグに歩いたら結構距離歩けるんじゃない?

そういえば、学生時代、かかってた歯医者の先生にデートに誘われて、広瀬川沿いを歩いたのを思い出しました(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2499/9060149

この記事へのトラックバック一覧です: お散歩レポート(3/12):

« 時代屋@神田小川町(その2) | トップページ | 今日のランチ(3/14) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やわらか戦車


タグふれんず