2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お酒関連

  • BAR フストカーレン
    (お店のHPはありません) JR新小岩駅近くにあるBar。場所はお店の意向により非公開。不思議な縁で巡り合った私の隠れ家。
  • スコッチ文化研究所
    主宰は「世界のウイスキー・ライター5人」の一人として有名な土屋守先生。
  • モルトの灯
    「モートラック」が大好きな(愛している?)Danny-SWさんのブログ。
  • BARで描く絵日記
    美味しいお酒を飲みながら、素敵な絵を描くパブデ・ピカソさんのブログ。
  • J's Bar
    池袋西口 地下だけど吹き抜けの中庭があってオープンな感じがする素敵なお店。オーナーさんのblog「モルト侍」も必見です。
  • BAR MOO
    JR大塚駅北口 折戸通りにあるお店。 ガラス越しにいつも楽しい様子が伺えます。 オーナーさん手作りの燻製もお勧め!
  • Bar10
    新宿・靖国通り沿いにある、JAZZと嶋村マスターのおしゃべりが楽しいお店。 あべちゃん特製メニューも要チェック!

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    池袋のいけふくろう内検索
フォト

« 仕事2日目 | トップページ | 水族館への道 »

2006.01.06

「ホテルに泊まるといふこと」 林 俊介

ホテルに泊まるといふこと
林 俊介 著
金沢倶楽部
年末に神保町の書店で入手。

雑誌「TOKIO STYLE」等の編集発行人である著者のホテルエッセイ集。

本書で取り上げているホテルは以下の2O軒。

●ザ・リッツ・カールトン大阪
●フォーシーズンズホテル椿山荘 東京
●ホテル阪急インターナショナル
●帝国ホテル 大阪
●パーク ハイアット 東京
●アマンジウォ
●名古屋マリオットアソシアホテル
●アグネスホテル アンド アパートメンツ東京
●かよう亭
●二期倶楽部
●強羅花壇
●ウェスティンホテル東京
●セルリアンタワー東急ホテル
●ディズニーアンバサダーホテル
●パン パシフィック ホテル 横浜
●ザ・ウィンザーホテル洞爺
●フォーシーズンズホテル丸の内 東京
●東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
●ザ・ブセナテラス
●グランド ハイアット 東京

レビューを書くための宿泊というより、自身の楽しみのために泊まっているのがうかがえる文章。
時折、語られる33歳で亡くなった妻への想いや、幼い頃に離れて暮らした家族との思い出から、この著者のキャラクターが見えてくる気がする。

この中で、私が実際に宿泊したのは「名古屋マリオットアソシアホテル」のみ。
稼働率が全国一らしいこのホテルは、名古屋駅前のイメージを一変させたと言ってもいいと思う。
個人的に宿泊した以外に、仕事でもイベント開催で利用したが、(一部不手際はあったものの)ほぼ合格点に達してるといっていいと思う。また利用したいホテルの一つである。

インドネシア ジョグジャカルタ郊外にある「アマンジウォ」も、一度泊まりたいと思っているホテルの一つ。
世界遺産の「ボロブドゥール遺跡」に開門(朝6時)前に入れるという特権あり。
まだ暗いうちにホテルを出発し、遺跡の上から日の出を眺めることが出来る。
ボロブドゥール遺跡の外観を意識して作ったホテルの建物自体も、遺跡側から眺めることが可能。
(私も遺跡側から建物だけは確認済 笑)

エントランスホールの窓を通して見える遺跡の様子がまるで絵画のようになっていることを取り上げてくれるともっと良かったのにと思う。(窓枠が額の役割をしている)


発行が2004年4月のため、現在では多少古くなってしまった情報があるのが残念。(発行直後に読みたかった)

ちなみに本書内で「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」のメインダイニングとして紹介されているイタリアンレストラン「BICE(ビーチェ)」は、現在カレッタ汐留の最上階(47階)に移転済。昨年、ディナータイムに訪れたが、御料理はもちろんスタッフの対応も良かった。大切な人を誘ってのお食事に最適(お財布が許せばですが)。

この連載自体は、現在も「TOKIO STYLE」で継続中とのこと。ここ1,2年、東京ではホテルのオープンラッシュが続くので、どんどん新しいホテルを取り上げてほしい。

« 仕事2日目 | トップページ | 水族館への道 »

コメント

前の会社では出張が多かったので、ホテルは一家言ありますw 国内は出張費の制限が厳しくてコメントできるようなホテルではありませんでしたが、東南アジアでは治安と衛生のために無制限でした(実際はそんなに変わらないのですが)。

フォーシーズンス系はいいですねえ。リージェントとかも含めて。サービスが丁寧で、タイで買ったバッグを先にクーリエで日本に送ろうとしたら「ワシントン条約に違反しないという証明書の添付等、ややこしいので手荷物が楽です」とコンシェルジェで教えてくれました。

あとは地域ごとに便利で、好きなホテルが別れてきました(個々従業員のサービスもあって)。

シンガポール:リッツカールトン(一階の寿司屋と風呂の展望が最高)、
香港:シャングリラ(サービスと室内のIT環境)、
ペニンシュラ(内装・レストラン)
ジャカルタ:リージェント(コンシェルジェ)、グランドハイアット(内装・ルームサービス)
バンコク:リージェント(コンシェルジェ・レストラン)
チェンマイ:リージェント(コテージ風)
クアラルンプール:リージェント(ロケーション)
ホーチミン:ニューワールド(リムジンサービス)
ハノイ:ソフィテル(シックな内装)

・・・みたいな感じです。上記系列のホテルがどんどん東京にオープンしていますので、楽しみです。

>Gucciさん
ん~ 凄いですね~。
アジアはやっぱりしっかりしたところは違うんじゃないかと、個人的には思います。って泊まったのはバリ島とKLぐらいですが。(あと、香港か)

海外出張は一度もしたことがないのですが、以前の上司がやはり「フォーシーズンズは良い」と言ってたのを思い出しました。数年前、シドニーで「フォーシーズンズ初体験(ただ、ここは部屋が狭い)」の予定だったのですが、旅行自体が諸事情で流れてしまったので、いまだに未経験です。椿山荘のフォーシーズンズなんて、うちからそんなに遠くないんですけどねぇ(笑)

私も、最近ようやくコンシェルジェでいろいろとお願いできるようになったところです。せっかく泊まるんだから、利用しないと損ですよね。

香港のペニンシュラ、14年ぐらい前に「お茶だけ」しました(あ、あとチョコレート買いにか)。泊まれたら最高なんですけど。あのロビーに圧倒された記憶があります。

KLのリージェントは、ブキッビンタンのところですよね~。あそこも憧れの一つでした。今はいろいろできてるので、他にも良いところがありそう。ちなみにKLではパークロイヤル(昔のリージェントの建物?)とイスタナに泊まったことがあります。

丸の内のフォーシーズンズも、目白とは違って素敵みたいですね。あと、今日美容院で、たまたまこの本の著者が編集発行人をつとめる「TOKIO STYLE」の最新号を見たのですが(あまりにタイミングがよくてびっくり)、コンラッド東京が紹介されてましたよ。

「TOKIO STYLE」については、美容院日記(笑)とは別に記事を書こうと思っていますので、お楽しみに。

やっぱりそうですか。フォーシーズンズ、いいですよね。これだけ二人で宣伝してますから、何か送ってこないでしょうか。宿泊券とは申しませんが、アメニティ・セットとかw

コンラッドも香港でよく使います。あそこはコンラッドとシャングリラとJWマリオットが三棟並んでますので、一つがダメなときは次々とチェンジして。

コンラッドは泊まると小さな熊の縫いぐるみとお風呂のラバーダックがもらえますよ〜w

ではまた日記を楽しみにしています。

>Gucciさん
いやぁ・・・ほんとですよね。アメニティほしいです(笑)スパの優待券でも可(爆)

香港の3ホテルは、リボンがかかったような外観の銀行ビルのそばでしたっけ?私が行ったのは返還前でしたが、今はどんなふうになってるか見に行きたいですね。

粥麺専家も前回行けなかったので、入ってみたいし。

コンラッドの熊とあひる、この間雑誌で見ました。あちこちの集めるのも楽しそうです。まずは手近に東京からチャレンジかしら。

よくご存じですね。リボンの掛かったビルかどうかはよく覚えていないのですが、高層ビルは確かに林立しています。そして大きなショッピングモール、Pacific Place(太古廣場)の並びですね。

あひると熊は、母親にプレゼントしたのですが、正月に帰省したらお風呂にアヒルがいましたw ぜひ近々ご訪問下さい。

>Gucciさん
はぁい。泊まれたら熊とあひるの画像アップしますね~。(って行けるのかしら?笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2499/8025001

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホテルに泊まるといふこと」 林 俊介:

« 仕事2日目 | トップページ | 水族館への道 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やわらか戦車


タグふれんず