2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お酒関連

  • BAR フストカーレン
    (お店のHPはありません) JR新小岩駅近くにあるBar。場所はお店の意向により非公開。不思議な縁で巡り合った私の隠れ家。
  • スコッチ文化研究所
    主宰は「世界のウイスキー・ライター5人」の一人として有名な土屋守先生。
  • モルトの灯
    「モートラック」が大好きな(愛している?)Danny-SWさんのブログ。
  • BARで描く絵日記
    美味しいお酒を飲みながら、素敵な絵を描くパブデ・ピカソさんのブログ。
  • J's Bar
    池袋西口 地下だけど吹き抜けの中庭があってオープンな感じがする素敵なお店。オーナーさんのblog「モルト侍」も必見です。
  • BAR MOO
    JR大塚駅北口 折戸通りにあるお店。 ガラス越しにいつも楽しい様子が伺えます。 オーナーさん手作りの燻製もお勧め!
  • Bar10
    新宿・靖国通り沿いにある、JAZZと嶋村マスターのおしゃべりが楽しいお店。 あべちゃん特製メニューも要チェック!

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    池袋のいけふくろう内検索
フォト

« 春オフ 開催! | トップページ | 喪服の私 »

2004.04.11

お通夜に行きました

昨日、何気なく新聞を見ていたら黒枠広告に喪主欄に知っている名前を発見。私が心の中で「うなぎのおじ様(※)」と呼んでいる、父親の親友の名前でした。お母様が亡くなられたとのこと。

※昔、遊びに行ったときに、幼稚園児のあたしにも「うな重」を1人前とってくださったので、そう呼んでいる。

実家の母に電話してどうしようか、と相談したら

「代わりにお通夜に行って頂戴」

まぁ、一番行きやすい私が行くのが当然だろうなぁ・・・・と思いつつ、身内以外の葬儀(通夜も含む)に出たことがないことに気付く。なんせ生まれて初めて出た葬儀が自分の父親だったので遺族席でびーびー泣き女状態だったし、その後は祖父母とか大伯母とか身内ばっかり。

とりあえず服は去年買った黒いワンピースがあるから、それに普段着ている黒いジャケットを合わせればOKだし、真珠のネックレスも一連のがある。お香典は辞退だから黒布のバッグを持てばとりあえず完了。

で、お通夜会場の清澄白河まで行きました。

040411_193901.jpg

喪服着ているとなぜか「ちあきなおみ」の「喝采」が頭をよぎる・・・・(苦笑)

開始前に着いたものの、中が大変混雑しているとのことで、外の歩道で列に並ぶ。やっぱり業界トップのオーナー一族なので参列者が多いんですね・・・・お花も財界のお偉いさんからいっぱい来てるし、なんか自分は場違いみたいで気後れ。

とりあえず無事記帳も焼香も終わって帰ってきました。おじさまにお目にかかるのは父の葬儀以来なので20年以上になります。父も生きてるとあんな感じなのかなぁ・・・・と思いながら、ちょっと涙目の帰宅でした。

« 春オフ 開催! | トップページ | 喪服の私 »

コメント

人はかならず死ぬわけですが、やはり身内の死はつらいものがありますね。
わたしの両親はまだ元気にしていますが、おじさんおばさんが何人も次々と亡くなっていくのを見ていると、次は…、とよくない考えが頭をよぎっていけません。

何年も会っていなかった人と次に会ったのが葬儀の時ではあまりにもつらいので、せめて、生前に会っておいたら、ということでパートナーに病院へお見舞いに行かせました。それからまもなく、残念なことに亡くなったわけですが、あとで、行っておいてよかったと言っていました。

その葬儀の帰りに長崎の吉宗に寄ったのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2499/426992

この記事へのトラックバック一覧です: お通夜に行きました:

« 春オフ 開催! | トップページ | 喪服の私 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

やわらか戦車


タグふれんず